普段から取り入れたい栄養素|特に女性は葉酸を摂取しよう

妊娠したら摂取したい食材

カウンセリング

鉄分が大切

妊娠すると食べた物が胎盤を通して胎児に送り込まれることになるので、しっかり栄養のある物を食べなくてはいけません。基本的にはバランスのよい食事を摂ることが大切ですが、その中でも重要な食材があるのです。妊婦になると貧血になりやすくなります。そして出産の時に大量出血することもあるので、日頃から鉄分を摂取するように心がけましょう。鉄分が多く含まれる食材にはレバー、小松菜、牡蠣、ほうれんそう、牛もも肉、高野豆腐、焼き海苔などがあるのです。レバーには多くの鉄分が含まれていますが、食べ過ぎることで胎児の奇形を引き起こすと言われているので控えるようにしましょう。ビタミンCと一緒に摂取することで、体内への吸収が良くなるでしょう。

葉酸やカルシウムが大切

葉酸は、細胞分裂を促進して胎児の成長を促す働きのある栄養素です。胎児の先天性異常リスクを下げることもできるので、妊婦さんに限らず妊娠前から摂っておくのがオススメです。納豆、小松菜、ほうれんそう、アスパラガス、枝豆、オクラなどに多く含まれているでしょう。食材から十分な量の葉酸を摂取するのは難しいので、サプリメントで摂る方法が人気となっています。カルシウムは、胎児や妊婦の骨や歯になるために大切な栄養素です。妊娠中や産後は、通常の量よりも多く摂る必要があるのです。カルシウムの吸収にはマグネシウムも必要になるので、同時に摂取するようにしましょう。牛乳、いわし、豆腐、モロヘイヤ、ししゃもなどにカルシウムは含まれています。栄養管理は妊婦にとってとても大切なことなのです。ただ、前述したレバー以外にも妊娠中にとらないほうが良い食材もあります。健康に良いとされるハーブやカフェインも大量摂取は危険なので、心配な食材があれば産婦人科医に相談してみると良いでしょう。予め専門家にどれがいいのかを伺っておけば、安心して利用が可能になります。