普段から取り入れたい栄養素|特に女性は葉酸を摂取しよう

妊娠への近道

自然

制度利用で負担減

一般的な不妊治療の方法は、タイミング療法、人工授精、体外受精、顕微授精などがあります。タイミング療法は排卵日を予測して、その日に合わせて性交を行う方法です。人工授精は、精子を採取して健康で元気な精子を選び、子宮に入れるという方法です。体外受精は、卵子を採取して精子をふりかけ、できた受精卵を子宮に戻します。顕微授精は、卵子を採取して精子を卵子に入れ、できた受精卵を子宮に戻します。タイミング療法から顕微授精まで、順にステップアップしていく形となります。妊娠に至る確率も上がっていきますが、体力的精神的負担も経済的負担も同時に上がってしまいます。京都府内京都市内では、条件もありますが助成制度があります。制度を上手に利用すれば、様々な負担を減らすことが可能です。京都府が運営している詳しい情報が記載されたサイトもあるので、調べてみると良いでしょう。

パートナーと二人で治療に

不妊治療の技術は日々進歩しています。自然妊娠が難しい方も、不妊治療によって赤ちゃんを授かる可能性が高くなります。昔は女性に原因があると言われていた不妊ですが、最近では男性に原因がある場合も少なくありません。それでもやはり女性だけが受診している場合も多いです。不妊治療を行うならば、女性だけでなく男性の受診も必要不可欠です。二人で治療に向き合うことが、早期の妊娠に繋がります。治療が長く続くと、先が見えなく不安にかられる時もあります。思いつめ過ぎないよう注意して、気楽に続けることが妊娠への近道になります。治療がストレスに感じないように、期限を決めておくのも一つの方法です。京都には、カウンセリングを受けられるクリニックもあります。利用できるものはできるだけ利用して、負担の少ないように治療を行いましょう。